フィトンチッドと
フィトンα(アルファ)

●フィトンチッドとは
緑の樹木が生い茂る森に足を踏み入れると、さわやかな空気、静かな雰囲気にホッとすることでしょう。さわやかな森の雰囲気のもとでストレスは吹き飛び、晴れ晴れとした気分になります。
森林浴効果が体をリフレッシュし、活力を養ってくれる。その活力の源が「フィトンチッド」です。
●フィトンチッドの働き
フィトンチッドは植物や微生物、昆虫、動物、人にいろいろな形で働きかけます。
植物に対しては、根から地中にフィトンチッドを出して、
他の植物が自分の根の回りにはびこってくるのを防ぎ、自分のテリトリーを守る働きをします。
このほかにニオイ物質を大気中に出して他の植物の種子の発芽を抑えることもあります。
害虫などにたいしては、葉や幹をかじられないように、害虫の嫌いなフィトンチッドを作って身を守ります。
いやな虫が自分のところまで寄ってこないように、虫の嫌いなフィトンチッドを発散させて、
虫を追い払う植物もあります。
木を腐らせてぼろぼろにしてしてしまう木材不朽菌でも、歯の立たない木もあります。
それはこのような木が木材不朽菌にたいして抵抗力のあるフィトンチッドを含んでいるからです。
また植物はいろいろな病気にかかるが、病気にかかりにくい植物もある。
このような植物は病原菌の繁殖をおさえるフィトンチッドを作り出しています。
人に対して
このようなフィトンチッドの働きを人間は昔から利用してきた。
フィトンチッドは植物の世界に影響を及ぼしているだけでなく、
人間も長い歴史の中で少なからぬ恩恵を受けてきた。

●フィトンαとは
屋久島原生林の空気に含まれているフィトンチッドを科学的に分析し、
開発されたものが「フィトンα」です。
30数種類の植物の精油をブレンドしています。

●フィトンαの効果
30数種類以上の植物の精油をブレンドすることで、
1種類の樹木では得られなかったリラックス効果・消臭・抗菌・防虫の効果が得られます。
30数種類の植物がお互いの長所を消し合うことなくブレンドされています。
「フィトンα」は、多くの植物がお互いにおぎなって、共生している、森林そのものです。

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2010 Tajimaya-Orbis All Rights Reserved. サイトマップ